渋谷のセフレに向かって話した

シリーズから出たい場合

渋谷セフレ

テーブルの上に立っている看板にもかかわらず

かさばるゴミの出所を伝えた

不均一なぼろぼろの椅子が置かれている

2人の渋谷のセフレと1人の渋谷のセフレが椅子に座ってカウンターに向かって話しました

あなたが向こうにいるかどうかはわかりません

白木実に似た店主になる人

「さあ、私を見て」、「狭いけれどごめん」

声は渋谷のセフレさんでした


それから顧客になるTsuさん

「兄弟、ココが座っている」と後ろのバーを見てください

この店で一番高いカウンターチェアに座っていた

カウンターチェアから側面を見渡す

爺、婆、渋谷のセフレの順に

カウンターから頭を見るだけ

どういうわけか、露出した首を見ているような奇妙な光景でした

今のところ、あなたが望むビールを求めます

 

コメント