耳を傾けると渋谷の出会いはありました

"どの階?" 8階に...渋谷の出会いがありますか? ""うーん?私は灰皿を書いています ""裕福でいい ""ええええ、笑 "

 

私は少し不快に感じ、耳に耳を傾けました。

 

"今年はお金があります。お金は気にしません。そのようなものを買うには十分なお金がありません"

 

渋谷の出会いは何も言えませんでした。

渋谷 出会い

「私が初めてこのような厳しい人になったのは...」と言って、私は弓なりに杖で歩き出した

 

「ありがとう、おにいちゃん」

 

私はそれをしない。

 

渋谷の出会いはちょっとショックだったし、

 

このテーブルは重かった、私は何とか殴られたように感じたよ、あなたは私に現実の世界を打った。

コメント